犯罪にも時間での究明不可能と言う法律です

ある事が切っ掛けでいきなり妻に暴力をふるう夫がいます。
つい数分前までには全く問題のなかった夫婦です。
けれども郵便で送られて来た通知を見ていきなり夫が激怒します。
それは夫の仕事上で、何かが妻が自分に対して絶対的に不利益になると言う証拠です。
けれどもそれは追求すれば、全くの根拠もない話と言う事が数年後に判明します。
逆上した夫はリビングで妻を追廻し挙句の果てにキッチンからナイフを取り出し、妻の腹部にそのナイフを入れます。
苦しみに耐える妻、それを見ている自分の愚かさに気付いた夫です。
その場所に学校から帰ってきた7歳の少女、その場を見て、自分も殺されると感じて、玄関の傘立てにあったバットで背中を見せている父親の頭を殴ります。
少女は優しくてくれた警察の刑事にメールします。
助けて下さい。
事件はその後解決せず、時効を迎えます。
法律では、ひとつの犯罪でも、時間を要して、時間的に解明不可能であり罰せず罪に問わずと言う事があります。

創業融資 札幌
札幌の税理士法人斎藤税務会計事務所は起業する際の創業融資審査をサポートします。

英文契約書

川越で弁護士に相談したい方におすすめの佐藤寛太法律事務所
数百件の法律トラブルの受任・解決を行うなど、敬遠豊富なため安心してトラブル解決をまかせられます。

労働規則のご相談承っています

税理士 博多

アーカイブ